観葉植物の植え替えの基本知識

観葉植物を植えるには、いくつもの絶対に気を付けなければならない注意点があります。まず観葉植物が成長し、今の鉢植えでは収まりきれなくなった時の注意点です。鉢に対して成長しすぎてバランスが悪くなっている、それを購入してから二年以上が既に経過している、鉢植えのあちこちの穴から伸びきった根が張り出している、水を与えても水に染み込まない、この内一つでも該当すれば植え替えをします。その植物の鉢植えの中は既に根でいっぱいでこれ以上の成長には窮屈であり、腐らせてしまう原因になります。また、植え替えをするにもそれぞれの植物に適した季節があります。基本的に5月から9月までです。下手な時期に植え替えてしまうと植物が弱ってしまいます。なのでこの時期をすぎてしまっているなら、無理して植え替えをする必要はありません。次の時季が来るのを待つべきです。

観葉植物でリラックスしよう

都会に住んでいると、日常的にあまり緑を観る機会がなくなってしまうことがあります。緑を観ることでリラックス効果が生まれることから、周囲に緑がないという場合こそ、部屋に観葉植物を置いてみるといいかもしれません。花屋さんをはじめ、最近では大型ホームセンターやディスカウントストア、ショッピングモールなどで手軽に購入出来るようになっており、とても便利です。観葉植物と言っても価格や大きさなどが色々あります。部屋に置くにはサイズをしっかりチェックすることが大事です。また、働いている人は手入れが簡単なものを選ぶようにすると負担がかかりません。これらに関しては店舗スタッフに相談してみることをお勧めします。もしくは通販サイトからの購入もお勧めです。観葉植物は今の時代、通販でも手軽に購入出来るようになっており、多くの人が趣味の一環として育てています。

観葉植物はあるとなごみます

観葉植物は部屋の中で生育する植物です。最低限の水と栄養素だけで、綺麗な緑色の葉っぱを茂らせてくれます。目の保養になります。外にだして楽しむ植物も多いですが、いったん外にでる必要があります。でも部屋の中だと、ちょっと目をむければそこに綺麗な緑色の植物がみえます。便利ですね。日陰でも枯れないような性質のものを選んで、部屋においておくといいです。最近は、大型の緑のものではなくて、小型のものも人気です。サボテンのようなものも、こじんまりとしてかわいいです。あまり大きくない部屋だと、こういう小さな物のほうがなじみはいいですね。水やりも簡単に出来ます。一人暮らしの女性の部屋だと、コケを使ったものも重宝します。インテリアの一種として楽しむということも出来ます。小さいものならいくつも育てることが出来るのもいいですね。